石川啄木「戯れに母を背負いて・・・」の気持ちがわかるような気がする

石川啄木の短歌に 戯れに母を背負いて そのあまり軽きに泣きて 三歩歩まず というのがある。 かなり有名な短歌なので知ってる人も多いと思う。 ちなみに内容は、 「ふざけて母親を背負ってみたら あまりの軽さに母の老いを感じ涙が出てきて 三歩あるくことも…