八木重吉「犬」のうんこがきっかけで、私は詩を読むようになった

私と詩の出会い、それは八木重吉でした。

 

高校の国語の授業のときに、詩を書くという課題があって、私は短い詩を書いたのです。

 

それを読んだ先生が

「八木重吉みたいな詩だなぁ」

と言いました。

 

八木重吉かぁ・・・

 

当時、私は八木重吉を知らなかったのですが、帰宅後、兄の本棚にたまたまあった八木重吉の詩集を手にして、読んでみました。

 

「なるほど、短い詩だなぁ」というのが第一印象。

 

比較的わかりやすいなぁと思いページをめくっていくと、「犬」という詩がありました。

 

もじゃもじゃの 犬が

桃子の

うんこを くってしまった 

 

え!?

うんこくったの?

 

なんでこれが詩!?

 

詩ってもっときれいなものじゃないの?

あるいは深いものじゃないの?

 

 

翌日の国語の授業で、思わず私は先生に言ってしまいました。

 

八木重吉の詩を読みながら

「先生!!! これって詩なの?」

と。

 

すると先生は

「これが詩なんだよ」

だって!!!

 

私は不思議なテンションの上昇を感じました。

 

なんで、うんこを食ってるのに詩なんだよー!!!

 

私にとって、八木重吉の詩がとても難解に思えました。

 

それからなんです。私が詩を読むようになったのは。

 

 

そして、あれから何十年もたったけど、八木重吉のこの詩に関してはいまだに謎です。

 

どうして、犬が桃子のうんこを食べてしまったのか。

いったい桃子はどこにうんこをしてしまったのか。

そして、なぜ八木重吉がこの場面を詩にしたのか。

 

この時の八木重吉の気持ちはどんなんだったろうか???

 

いまだに謎です。

 

でも、このように考えることが詩の醍醐味です。答えなどは詩人しかわからない、いや、書いた本人にすらわかっていない場合もあります。

 

その気持ちを考えること、詩人になりきることが詩の醍醐味なんでしょうね。

 

 

八木重吉のおかげで詩を読む楽しみを知りました。

これからも多くの詩を読んでいこうと思います。