中原中也の詩「北の海」の悲しさが、なんとも言えない

私が中原中也を知ったのは高校生の頃でした。

 

読むと、どことなく淋しい感じがしてくるのが、当時の中原中也に対する印象です。

 

この詩もそうでした。

 

北の海

 

海にゐるのは、

あれは人魚ではないのです。

海にゐるのは、

あれは、浪ばかり

 

曇った北海の空の下、

浪はところどころ歯をむいて、

空を呪つてゐるのです。

いつはてるともしれない呪。

 

海にゐるのは、

あれは人魚ではないのです。

海にゐるのは、

あれは、浪ばかり。

 

この詩は淋しいどころか、なんだかとても悲しくなってしまいます。

 

ここからは、全く希望が感じられませんから。

 

私の中で人魚といえば、リトルマーメイドに出てくるアリエルです。人間と恋に落ちて結ばれるアリエル。なんともロマンチックではありませんか!

 

しかし、彼のイメージのなかの「北の海」には人魚などというロマンチックな生き物はいません。そこにいるのは浪(なみ)ばかりです。

 

「浪」と「娘」という字が似ているのは偶然かどうかはよくわかりません。

 

ただ、人魚のような「娘」はそこにいなくて、「浪」ばかりなんです。中也にとって、海はロマンの欠片もないのです。

 

 第一連で、中也はそんな淋しいことを言っておきながら、第二連で、さらに暗くなるようなことばをたたみかけてきます。

浪はところどころ歯をむいて、
空を呪つてゐるのです。

 

浪は空を呪っているんだって。

なんで???

なにをそんなに呪っているんだろう???

 

「歯をむいて」とあるから、中也にはあの「浪」が牙のように見えたのかもしれませんね。

 

「空」と「浪」が対になっていて、「浪」は自分、「空」は憎い相手に重ねあわせているのかな。

 

はっきり言えるのは、この呪いは陰鬱な感じがするということです。

 

そして、また第三連は第一連の繰り返しです。どこにも希望を見せずにこの詩は終わってしまいます。

 

・・・。

 

きっと、時間とスペースが許せば、第一連と第二連の繰り返しを、寄せては返す「浪」のように永遠に続けたんでしょうね、中原中也は。

 

 

☆☆☆

 

 

とはいえ、私は中原中也の詩が好きなのです。

 

こんなに暗い詩なのに、どこか共感できてしまうということは、きっと私も根は暗い人間なんでしょう。

 

人間は明るいところもあれば暗いところもあります。こういうダークな心情を見事に言語化してしまう中原中也は、やっぱりすごい。

 

たぶん、私は、ずっと中原中也という詩人のことが好きであり続けるにちがいありません。

 

どこか彼の詩と、私の心の波長が合うんでしょうね。