尾崎放哉

「こんなよい月を一人で見て寝る」のはさみしいよね

先日、いつだか忘れたけれど、とても月がきれいな日がありました。 私は気づいていなかったのですが、わざわざ連絡をくれた人がいたのです。連絡をもらったときは、まだ電車の中だったので、降りてから後に、空を見上げながら歩きました。 そうしたら、まあ…