その他

芥川龍之介『侏儒の言葉』より、「或る幸せ者」について

芥川龍之介といえば、「蜘蛛の糸」とか「羅生門」が有名かな? それぞれが、魅力的なお話で、今読んでも、魅力あるお話ばかりです。 冒頭の画像は岩波文庫版『侏儒の言葉』の表紙ですが、ご存知の人も多いですよね。私は高校生の頃に読んだのですが、とても…